神原研究室では,プラズマや紫外線を利用する先進の化学反応法を駆使して,大気・水環境浄化プロセスの開発や水素エネルギーシステムの開発を行なっています。さらに,これらの化学反応法を応用・拡張して,機能性材料の開発も行なっています。
他方,石炭の品質評価や燃焼・ガス化プロセスの評価研究も継続しています。


神原研究室 研究開発の歩み   神原研究室を紹介します

第12回アジア太平洋燃焼会議
(Asia-Pacific Conference on Combustion (ASPACC2019)
にて発表します。[場 所]福岡国際会議場[詳細 ]