神原研究室では,プラズマや紫外線を利用する先進の化学反応法を駆使して,大気・水環境浄化プロセスの開発や水素エネルギーシステムの開発を行なっています。さらに,これらの化学反応法を応用・拡張して,機能性材料の開発も行なっています。
他方,石炭の品質評価や燃焼・ガス化プロセスの評価研究も継続しています。


神原研究室 研究開発の歩み   神原研究室を紹介します

東京モーターショー2019の澤藤電機さんのブースで,共同研究成果の「アンモニア原
料水素製造装置(プラズマメンブレンリアクター,1200 L/h)」と「アンモニア燃料
FCバイクモックアップ」の展示をしました。
展示品はこちら[PDF ]
アンモニア燃料FCバイク(PMR+燃料電池)の実車走行シーンは,こちらのページ
いちばん下にある動画3分28秒~45秒のシーンをごらんください。
世界発!低濃度アンモニア水から高純度水素を製造して燃料電池発電を実証(記者発表しました) [PDF]